ERGO DESIGN 日本人間工学会アーゴデザイン部会

「Future Experience」
~ユーザー、企業、社会環境の三方よしのビジョン提案型手法~

2018年度 テーマ

アーゴデザイン部会

概要

2010年度活動報告

(1) 活動テーマ

「次世代のアーゴデザイン活動を探る」

(2) 部会運営と主な活動内容

・部会員 : 104名(2011年3月31日現在)
・活動概要 : 2010年度は、シンポジウム3回、コンセブト事例発表会1回、見学会1回、合宿研究会1回、幹事会8回、総会1回、ビジョンデザイン方法論WGセッション4回、ビジョンデザインSIGミーティング1回、マザーロードマップWGセッション5回、テーマ検討WGセッション3回等、様々な活動を実施してきた。以下に主な活動を記す。

独自ドメインによるアーゴデザイン部会ホームペーシの゙運用、部会員メーリングネットワークの運用、幹事会メーリングネットワークの運用

第51回日本人間工学会全国大会シンポジウム開催 (平成22年6月20日) 於:北海道大学
テーマ:「ビジョン提案型デザイン手法の実践」 50名

ビジョン提案型デザイン手法SIGミーティング開催(平成22年9月2日)

コンセプト事例発表会開催 (平成22年9月3日) 於:首都大学東京サテライトキャンパス
論文発表:10件、加えてパネルディスカッション:「次世代のアーゴデザイン活動を探る」(5者発表)を実施。 ポスター発表:14件、参加者数60名

見学会開催(平成22年11月5日) 日本航空安全啓発センター見学 於:日本航空安全啓発センター
テーマ:「航空機の安全・安心とアーゴデザイン」 参加者:15名

シンポジウム開催(平成22年12月5日) 日本人間工学会関西支部大会 於:大阪工業大学
テーマ:「5年先のペルソナを考える」-マザーキューブによるロードマップ作成手法- 参加者:約30名

シンポジウム開催(平成22年12月5日) 日本人間工学会関東支部大会 於:東海大学高輪
テーマ:「ビジョン提案型デザイン手法における評価と応用事例」 参加者:約40名

2010年度合宿研究会In湘南国際村 (平成23年3月11日、12日) 於:湘南国際村センター会議室
テーマ:「これからのHCD-クラウド・サスティナブル・BOPとアーゴデザイン-」 参加者数37名

2010年度部会総会開催 (平成23年3月12日) 於:湘南国際村センター会議室
2010年度活動報告及び決算、2011年度活動計画及び予算の承認

9)その他の活動:
・ビジョンデザイン方法論WG活動中 (担当幹事:山崎、早川、柳田、郷、高橋(克)、上田)
・ビジョンデザイン方法論SIG活動中、SIGミーティングを開催、メーリングにて情報提供実施。
・マザーロードマップ゚WG活動中 (担当幹事:新家、高橋(靖)、堀野、細田、吉井、上田)
・テーマ検討WG活動中 (担当幹事:高橋(靖)、山崎、新家、高橋(克)、上田)

(3)成果

アーゴデザインのこれからの方向性を議論することができ、部会員の課題意識や社会がアーゴデザインに求める課題を把握することができた。
ビジョン提案型デザイン手法の応用事例や評価に関して議論することができ、方法論としての全体像が整ってきた。
また、マザーロードマップの方向性が見えてきて、第一次として内容まとめの段階となってきた。

(4)問題点

アーゴデザイン研究の方向性に関して、さらに広く、深く議論を展開する必要がある。

(5)展望

アーゴデザイン研究の中心的課題であるHCDの今後のあり方について議論を深め、新たな動きを示すこれからの社会に向け、アーゴデザイン研究をさらに発展させたい。
また、これまで部会活動の中心的課題であった「ビジョン提案型デザイン手法」に関して、2011年度での出版を目指して活動する。