UXの実践と深淵 〜HCD事例発表会 + Future Experience(FX)フォーラム〜

毎年恒例の京都でのフォーラムのご案内です。
人間中心設計推進機構(HCD-Net)とのコラボレーションで、UXの実践と深淵についての発表会を開催します。

前半は、「ビジョン提案型手法の展開〜三方よしのデザイン事例〜」と題した「Future Experience(FX)フォーラム」です。後半は、企業や団体からHCD事例を発表していただきます。

問題解決型では立ち行かなくなった今、新しい問いを立てるにはどうすればいいのか? 
みなさんが取り組もうとされていること、取り組んでいるもののうまくいかないこと、それらを前に進め、よりよい未来へとつなぐためのヒントがたくさん含まれた深い話が聴ける場になると思います。

●日時
2020年1月14日(火)13時00分〜17時00分
(受付開始:12時45分〜 交流会:17時30分〜)

●会場
株式会社 島津製作所 研修センター(E2)43号
京都市中京区西ノ京桑原町1
https://www.shimadzu.co.jp/aboutus/company/access/sanjo.html
※正門受付でイベントへ参加する旨とお名前をお伝えください。会場の案内があります。

●主催: 特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構(HCD-Net)

●共催: 日本人間工学会アーゴデザイン部会

●協賛: Xデザイン学校

●定員: 75名

●参加費 
4,000円(一般)
1,000円(学生)※社会人学生は除く

交流会費:  4,000円
※交流会は、別途チケットを購入ください。当日、現地で代金を徴収します。交流会については領収書を発行しません。

●プログラム
12:45-13:00 受付
13:00-13:05 開会のごあいさつ
13:05-15:00 第7回Future Experience(FX)フォーラム
「ビジョン提案型手法の展開〜 三方よしのデザイン事例〜」
発表@「デザイン3.0の時代〜 脱モダンのデザインの世界です」
    山岡 俊樹先生(京都女子大学)
発表A「ビジョンと三方よしのデザイン」
    山崎 和彦(武蔵野美術大学)
発表B「三方よしのデザインに関する研究動向(仮)」
    郷 健太郎(山梨大学)
発表C「一般社団法人 体験設計支援コンソーシアムの活動について」
    高橋 克実(株式会社ホロンクリエイト)
発表D「遊び場のユニバーサルデザイン」
    柳田 宏治(倉敷芸術科学大学)
15:00-15:10 休憩
15:10-17:00 HCD事例発表会
事例@「『動機のデザイン』とプロセスモデル ー当事者を主体者に変える、小さな現場の取り組みから」
    由井 真波氏(有限会社リンク・コミュニティデザイン研究所 代表取締役)
    ※HCD-Net AWARD 2019 最優秀賞受賞者 
事例A「製品を『育てる』デザインガイドラインのメディア化」
    野々山 正章氏(株式会社ソフトディバイス)
事例B「調整中」 
事例C「ペルソナやカスタマージャーニーマップからは目から鱗のアイデアは生まれない!?」
    水本 徹氏(HCD-Net副理事長・関西支部長)

●詳細・申込
下のpeatixページからお申し込みください。
https://peatix.com/event/1391857/view


以上


アーゴデザイントップ



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyright(c)2007 Ergo-Design All Rights Reserved.