●2018年3月16日〜17日 日本人間工学会アーゴデザイン部会2017年度合宿研究会・総会

2017年度アーゴデザイン部会合宿研究会のご案内

テーマ:
 「地域社会を変革する新規事業/スタートアップのためのフューチャーエクスペリエンス(FX)デザイン」(仮)
住民の要望、地域社会の抱える課題を踏まえ、FX(三方よしのビジョン提案型デザイン手法)を活用し、将来の製品・システム・サービスを発想するとともに、ビジネスとしていかに立ち上げるのかをワークショップを通じて体験します。


日時:
 2018年3月16日(金)13時 〜 17日(土)11時まで
 (1泊2日)

場所:
 神奈川県 三浦市 マホロバマインズ三浦 研修室
 https://www.maholova-minds.com/biz/conference/index.php

定員:
 40名(講師、幹事、スタッフを含む)

参加費:(申し込まれた方に事前振込のご案内をいたします)
 正会員
  15000円 一般 18000円
  (ただし、申込と同時にアーゴデザイン部会費3000円を支払えば正会員扱い)
 学生会員
  13000円 一般学生 14000円
  (ただし、申込と同時にアーゴデザイン部会費1000円を支払えば学生会員扱い)

 ご注意:現在部会員の方で継続される方は、合宿参加費と同時に部会費3000円を併せてお振込みください。
 年会費の領収書は、合宿参加費とは別に発行いたします。

キャンセル料:
 キャンセルされた場合、以下のキャンセル料が発生します。
 3日前(30%)  前日(50%)  当日(100%)

参加申込
 こちらから⇒ http://kokucheese.com/event/index/509473/

プログラム
3月16日(金)
12:40 受付開始

13:00 合宿研究会の狙い、概要紹介 高橋部会長 

13:10 講演1
 (1) 「熱中小学校プロジェクトの活動」
     竹村譲氏(プロデューサー)

竹村譲氏:プロフィール
オフィス・コロボックル創設メンバーの一人。超大型汎用コンピュータの営業職として日本IBMに入社。パソコン事業部に在籍中はDOS/Vの商品企画や、モバイルPC「ThinkPad」の商品企画、戦略を担当。早期退職後、富山大学芸術文化学部の教授、非常勤講師として10年間「ブランドデザイン」等の教鞭をとる。現在はICT企業の顧問職やプロダクト・プロデューサーとして各種商品開発を行う一方、商用WEBサイト上で「T教授の戦略的衝動買い」や「本日の一品」等の連載コラムを持つ。鞄やオリジナルのツバメノート等をプロデュースする「Thinking Power Project」の創設メンバーでもある。

13:50 講演2
 (2) 「yorunomachiプロジェクトの活動」
     小林謙斗氏(デザイナー)

小林謙斗氏:プロフィール
千葉工業大学デザイン科学科山崎研究室。第一回ロフトワーク・パナソニック共催アップサイクルハッカソン仙田賞受賞、日本インダストリアルデザイナー協会ネクストエコデザイン展2017奨励賞受賞。

14:10 休憩

14:20 フューチャーエクスペリエンスとワークショップ進め方について 山崎幹事

14:40 ワークショップ1 
 ・ペルソナ、ステークホルダー、地域社会の現状課題共有 (題材提供にもとづく相互インタビュー)
 ・ユーザーの要求と,社会課題から将来のうれしい経験(FX)を実現する製品・システム・サービスの発想
 ・バリュープロポジションキャンパスへの落とし込み、UXのプロトタイプ制作

18:00 夕食

19:00 ワークショップ2
 ・発想した製品・システム・サービスのビジネスプラン(スタートアップ)をCVCAで検討
 ※CVCAはCustomer Value Chain Analysisの略。顧客価値連鎖分析。ステークホルダー間の価値の連鎖を見える化するツール

21:00 交流会

3月17日(土)
08:30 ワークショップ3
 ・提供サービス、ビジネスプランの詳細化、プロトタイプ化
 ・まとめ、発表準備

10:00 各グループ発表 各10分

※合宿研究会参加の方には17日(土)の昼食が出ます。


<参考>
 昨年度のアーゴデザイン部会合宿検討会


■17日(土)11時〜 アーゴデザイン部会の2017年度総会を同じ会場にて行います。

以上



アーゴデザイントップ



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyright(c)2007 Ergo-Design All Rights Reserved.