●2013年3月15日16日 2012年度アーゴデザイン合宿研究会
 「”SCDで提案をする”ワークショップ」


 アーゴデザイン部会では、下記要領で本年度も合宿研究会を開催いたしました。 研究会ではソーシャルデザイン分野の第一線で活躍されている講師を招き、現在取り組んでいるSCDに関して議論を深め、今後の活動に結び付けたいと考えています。
 本年度の合宿は、「”SCDで提案をする”ワークショップ」と題して、下記の講演者を迎え、皆様と詰めました。

講演の様子1 ワークショップの発表
合宿での講演の様子とワークショップ後の発表の様子


                               記

テーマ:
「”SCDで提案をする”ワークショップ」

場所:湘南国際村センター(逗子)
 http://www.shonan-village.co.jp/access.html

主催:日本人間工学会アーゴデザイン部会

スケジュール:
■3月15日(金)
13:00-13:30 挨拶、合宿の進め方
13:30-14:50 講演「社会とデザインの活動」、若杉 浩一 (パワープレイス(株) シニアディレクター)
15:00-16:20 講演「今日から明日へのデザイン」、林 千晶((株)ロフトワーク  代表)
16:30-18:00 ワークショップ-1
18:00-20:00 夕食・休憩
20:00-21:30 ワークショップ-2

■3月16日(土)
08:00-09:00 朝食・休憩
09:00-11:00 ワークショップ-3
11:00-12:00 アーゴデザイン部会総会

■講師プロフィール:
若杉 浩一 (パワープレイス(株) シニアディレクター)
パワープレイス株式会社 リレーションデザインセンター 、インタラクションデザイン部 部長 。
熊本県天草生まれ。九州芸術工科大学工業設計学科卒業、1984年 株式会社内田洋行入社、デザイン課、企画課、知的生産性開発課を経て、T.D.C(テクニカルデザインセンター)部長。
企業の枠やジャンルの枠にこだわらない活動を行う。杉の魅力をアピールし、日本中に杉のプロダクツを増やしていこうという運動を展開している日本全国スギダラケ倶楽部設立。

若杉浩一先生(パワープレイス) 林 千晶先生
熱い講演をいただいた若杉浩一先生と世界的な先進事例をわかりやすく講演いただいた林千晶先生

林 千晶((株)ロフトワーク  代表)
ロフトワークの共同創業者、代表取締役。
2000年に創業したロフトワークでは、16,000人が登録するクリエイターネットワークを核に、Webサービス開発、コンテンツ企画、映像、広告プロモーションなど信頼性の高いクリエイティブサービスを提供。学びのコミュニティ「OpenCU」、デジタルものづくりカフェ「FabCafe」などの事業も展開している。またクリエイターとのマスコラボレーションの基盤として、いち早くプロジェクトマネジメント(PMBOK)の知識体系を日本のクリエイティブ業界に導入。
2008年『Webプロジェクトマネジメント標準』を執筆。米国PMI認定PMP。現在は、米国NPOクリエイティブ・コモンズ文化担当、MITメディアラボ所長補佐も務める。


アーゴデザイントップ



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyright(c)2007 Ergo-Design All Rights Reserved.