■日本人間工学会第50回全国大会記念
 第1回ビジョン提案型デザイン手法シンポジウムは終了しました。


日本人間工学会アーゴデザイン部会では、これまでにユニバーサルデザインの方法論
やユビキタス時代におけるユニバーサルデザイン方法論の調査研究に取り組んできました。
また、合宿研究会では、2007年には「ペルソナ法」、2008年には「構造化シナリオ手法」、
2009年度には、「ビジョン提案型デザイン手法」のワークショッ プを開催しました。

この手法は、これから時代における便利で使いやすい商品やサービスの創出に役立つ
手法と確信しております。この機会に、下記要領で開催される第1回シンポジウムに
是非ご参加ください。

※8月20日にも第2回を予定しているのでふるってご参加ください。




■タイトル
 

日本人間工学会第50回全国大会記念 
第1回ビジョン提案型デザイン手法シンポジウム


■開催日時
 

6月19日(金)13:30-18:30


■場所
 

キャンパスイノベーションセンター(JR田町より海側に出て徒歩1分)
港区芝浦3-3-6  TEL:03−3454−8761


■主催
 

日本人間工学会アーゴデザイン部会


■共催
 

HCD-Net


■定員
 

60名(先着順)


■参加費
 

会員2000円(アーゴデザイン部会、日本人間工学会、HCD-Net)
非会員4000円

※ キャンセル待ちの方が発生いたしますので、
6月15日以降のキャンセルは参加費の半額、
当日のキャンセルは全額いただきます。



■資料
 

ビジョン提案型デザイン手法の概要の資料配布(別途販売しません)



■内容
 

13:30- 13:30   



ご挨拶、上田義弘(富士通(株))
  13:35-15:15 ビジョン提案型デザイン手法の概要
・ビジョン提案型手法の概要、山崎和彦(千葉工業大学)
・本質的価値の抽出手法の概要、山崎和彦(千葉工業大学)
・ペルソナと構造シナリオ手法の概要と活用、郷健太郎(山梨大学)、
  柳田宏治(倉敷芸術科学大学)
  15:25-16:20 ビジョン提案型デザイン手法の事例
・事例の概要、早川誠二((株)リコー)
・イヤスクの事例、伊藤潤(ソニー)予定
・おもてなしコーヒーメーカーの事例、吉井誠 (株式会社アイ・エス・ティ)
・カートリッジコーヒーの事例、森田善和(株式会社富士通エフサス)
  16:20-16:40 ビジョン提案型デザイン手法の今後の展開、高橋克実((株)ホロンクリエイト)
  17:00-18:30 交流会

■申し込み
 

日本人間工学会アーゴデザイン部会事務局まで  
申し込みはこちらへ  

※申し込みは終了しました



アーゴデザイントップ

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyright(c)2007 Ergo-Design All Rights Reserved.