■平成20年度アーゴデザイン部会 合宿研究会は終了しました

日頃は、部会の活動にご支援、ご協力いただきありがとうございます。

日本人間工学会アーゴデザイン部会では、これまでにユニバーサルデザインの方法論や
ユビキタス時代におけるユニバーサルデザイン
方法論の調査研究に取り組んできました。
学会の大会などでも紹介をしてきましたが、合宿研究会では、2007年には「ペルソナ法」に
関するワークショップを開催、2008年には「構造化シナリオ手法」のワークショップを開催し
ましたが、本年度はよりユーザーの本質的要求に踏み込んだ「ビジョン提案型デザイン手法」
のワークショップを企画しています。

この手法は、これから時代における便利で使いやすい商品やサービスの創出に役立つ手法
と確信しております。この機会に、下記要領で開催されるワークショップに是非ご参加いただ
き「ビジョン提案型デザイン手法」を体験いただければと思います。

期末のお忙しい時期とは思いますが、ふるってご参加くださいますようお願い申しあげます。





■テーマ
 

これからのユニバーサルデザイン
ビジョン提案型デザイン手法の実践ワークショップ-


■合宿研究会参加者の目標
 

1.ユーザーの本質的な要求を見つけ出し、提案を具現化するための手法を理解する
2.講演の聴講と参加者同士の交流で知見を広める
3.ビジョン提案型デザイン方法論SIGを開始するためのキックオフとする


■開催日時
 

2009年3月13日(金)13時00分〜3月14日(土)11時20分(1泊2日)


■場所
 

湘南国際村センター

http://www.shonan-village.co.jp/


■定員
 

40名(先着順とし、定員になり次第締め切ります。)


■プログラム
 

3月13日(金)

 12:30      
 
 13:00-13:00   

 13:10-14:40   

 


 14:50-15:40       





 15:40-18:00    

 19:00-21:30   



3月14日(土)

 8:30-10:00   
 
 10:00-11:20    



受け付け開始

合宿とワークショップの概要

特別講演「人間中心のデザインからのビジョン(仮称)」
中川 聰氏、東京大学大学院特任教授、トライポッド代表
http://www.tripoddesign.com/jp/home/index.html


ワークショップの進め方説明
 ・ビジョン提案型デザイン方法論WGの活動について
 ・ビジョン提案型デザイン方法論SIGの活動開始について
 ・ユーザーの本質的な要求を見つけ出し、提案を具現化するための手法とは
 ・今回のワークショップでの進め方

ワークショップ-1 気づきから本質を見つけ出し、本質的要求をまとめる

ワークショップ-2 本質的要求から提案をまとめる





ワークショップ-3 具現化とまとめ

全体のまとめ・発表・今後の活動について

■ビジョン提案型デザイン方法論SIGとは
 

ビジョン提案型デザイン方法論をより実際に使える手法とするために、
複数の企業や大学のメンバーにより下記の活動を推進する。
ビジョン提案型デザイン方法論WGのメンバーが推進の母体となる。
1.SIG参加により情報共有
2.特別講習会プログラム
3.事例発表会などの開催(2009年日本人間工学会全国大会・関東支部大会などで発表)


■参加費
 

  会員 15,000円
  一般 18,000円
  学生 13,000円

  ※参加費には、宿泊代、ならびに13日夕食、14日朝食・昼食の代金が 含まれております。
  ※1日だけ参加 (13日(金)もしくは14日(土)のみ参加)の場合
    部会員¥5,000-、非部会員¥8,000-、学生¥3,000-
  ※2日間参加の方を最優先致します。お申込後でも2日間参加者が定員に
    達した場合はお断りすることになりますのでご了承ください。


■申し込み
 

申し込み:日本人間工学会アーゴデザイン部会事務局まで  
2月25日(水)締め切り
(キャンセル料:締め切り以降のキャンセルは規定のキャンセル料がかかります
2週間前10%、1週間前20%、前日50%、当日100%)

申し込みはこちらへ  



アーゴデザイントップ

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyright(c)2007 Ergo-Design All Rights Reserved.